>>お試しキャンペーンのお申込みは今すぐこちら<<

 

テレビCMでもおなじみ!

 

今話題の“リシリッチ 洗い流さないトリートメント”

からお試しキャンペーンのお知らせです!

 

リシリッチ公式:http://www.sastty.com/

 

リシリッチ無添加&ノンシリコーンにこだわった、

髪のことを真剣に考える方のためのヘアトリートメントです。

 

ノンシリコーンなのにシリコーン以上のなめらかな手ざわりを実現!

リシリッチにはオーガニック植物オイルのアルガンオイル、ツバキ種子油、ヒマワリ種子油、シアバターや、利尻昆布エキスをはじめとした50種類もの美容液成分が惜しみなく配合されています。また、これらの美容液成分の働きにより、髪の乾燥やパサつき、ゴワつきを抑え、潤いたっぷりのなめらかな美髪へと導きます。

 

3種のヒアルロン酸で髪にうるおいプラス

リシリッチ

 

リシリッチこだわりのオーガニック植物オイル

アルガンオイル ☆argania oil☆

アルガンオイル

アルガンオイルとはアルガンという植物の種子から採取された油のことです。非常に強力な抗酸化作用を持つことで近年注目を集めており、優秀な美容オイルとして化粧品や料理に幅広く利用されています。

アルガンオイルにはアンチエイジング効果があるとされるオレイン酸ビタミンEが多く含まれており、これらの持つ保湿成分や細胞を活性化させる作用によって、髪のパサつきなどのダメージを修復し、枝毛や切れ毛を防いで髪の健康を守ります

 

ツバキ種子油 ☆camellia oil☆

つばき

ツバキ種子油とは、椿の種から絞り出された天然の植物性油です。脂肪酸の一種であるオレイン酸を豊富に含んでいることから、昔から髪にツヤと潤いを与えると言われ重宝されてきました。

髪につけることでドライヤーの熱や紫外線などの刺激から髪を守ります。また、髪に必要な潤いを保ち、枝毛やパサつきを抑えて潤いとハリのある美しい髪へと導きます

 

 

ヒマワリ種子油 ☆sunflower oil☆

ひまわり種子油

ヒマワリ種子油とは、その名の通りヒマワリの種子から得られる油です。「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンEを豊富に含むことで知られており、その中でも特に生理活性の高いα体を多く含むことから食用から化粧品にまで幅広く利用されています。

 

 

 

シアバター ☆shea butter☆

シアバター

シアバターは、アフリカ諸国に生息するシアの木(シアバターノキ)の種子から採れる天然の植物性油脂です。常温では固形のため、オイルではなくバターと呼ばれています。

肌なじみが良く高い保湿効果を持つことから最近特に注目されている成分のひとつで、ヘアケア用品やハンドクリーム、リップなどの化粧品などさまざまなところで使われています。

 

 

これらの他にも利尻昆布エキスをはじめとした厳選美容成分を46種、全50種を贅沢に配合

 

 

リシリッチは本気で美髪を目指すあなたにおすすめします!

まずはお試しキャンペーンで実感してください!

 

 

リシリッチ全成分はこちら

水(特殊水),ミリスチルアルコール,ステアラミドプロピルジメチルアミン,マルトデキストリン,PPG-3 カプリリルエーテル,PPG-52ブチル,γ-ドコサラクトン,セバシン酸ジエチル,アルガニアスピノサ核油,ウンデシレン酸グリセリル,オリーブ油,カプリル酸グリセリル,クエン酸,クエン酸Na,グリセリン,グレープフルーツ果皮油,オレンジ果皮油,ココイルアルギニンエチルPCA,サトウキビエキス,シア脂,ジカプリル酸PG,ヒドロキシプロピルシクロデキストリン,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル),ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,アブラナ種子油アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート,クオタニウム-96,DPG,プロパンジオール,パルミチン酸イソプロピル,ブドウ種子エキス,トコフェロール,エタノール,PEG-40水添ヒマシ油,ヘキシルデカノール,ベヘニルアルコール,ホホバ種子油,ポリクオタニウム-72,ミリスチン酸,ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル,リシリコンブエキス,ワサビノキ種子エキス,乳酸,BG,フェノキシエタノール,水添レシチン,コレステロール,セラミド3,キサンタンガム,ステアロイルグルタミン酸Na,エチルヘキサン酸セチル,パルミチン酸デキストリン,ツバキ種子油,スクワラン,マカデミアナッツ油,ヒマワリ種子油,ジメチロールプロピオン酸ヘキシル,加水分解ケラチン(羊毛),加水分解シルク,加水分解コンキオリン,ユズ果実エキス,加水分解ヒアルロン酸,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13) グリセリル,ローヤルゼリーエキス

 

リシリッチのこだわり「特殊水」とは?

リシリッチの原材料に表記されている「特殊水」とは一体何なのでしょうか。
実はこれもリシリッチのこだわりのひとつなんです。
リシリッチのベースとして使われている水は、クラスター(分子の集合体)が小さく生体水に近いのが特徴です。
そのため成分を角質層まで無理なく届けることができるのです。

 

ドライヤーの熱を味方にする新発想アミノリペア作用

 

リシリッチ

 

リシリッチはアミノリペア作用(※1)ドライヤーの熱に反応して髪を補修します。
ドライヤー前に利尻ヘアクリームを使用していただくことで、ダメージを負った毛髪の隙間に入り込み、そこにドライヤー等の熱を加えることで結合してキューティクルを補修し指通りのなめらかな髪へと導きます
使う度になめらかな指通りとスタイリングによるボリュームアップを実感できます。
※1 γ-ドコサラクトンによる毛髪補修作用

 

紫外線やニオイ、ホコリから髪をしっかりガード

リシリッチには自然派由来の希少成分、ワサビノキ種子エキスサトウキビエキス(毛髪保護成分)を配合。
洗い流さないタイプのトリートメントだから、これらの成分が1日中ずっと髪に残って働き、紫外線による乾燥やタバコなどの不快なニオイ、髪を取り巻くチリやホコリなどの環境ストレスから大切な髪を守ります

 

こんなに髪のことを考えているリシリッチだから、もちろん無添加

リシリッチは髪のことを真剣に考えているからこそ無添加にこだわっています!
普段何気なく使っているヘアケア用品ですが、中にはアレルギーや皮膚障害を起こす可能性がある成分が含まれている事もあり、わずかな量しか入っていなくても毎日使い続けることで蓄積し、それが原因で頭皮のトラブルを引きおこす事も考えられます。
徹底して無添加にこだわって作られているリシリッチにはシリコーン成分はもちろんのこと、髪に使いたくないパラベンや香料、鉱物油などの成分は一切含まれていません。

 

パラベン
香料
鉱物油

 

ノンシリコーンだから髪に美容成分が角質層まで浸透しやすく、頭皮の健康を保ってまとまりのあるサラツヤ髪に仕上がります。

 

◇リシリッチには下記の成分は使われていません◇

パラベン、香料、加水分解コムギ、タール系色素、ラウリル硫酸塩、塩化リゾチーム、ラウリルエーテル硫酸塩、セチル硫酸ナトリウム、ソルビン酸塩、トリエタノールアミン、ジエタノールアミン、ジブチルヒドロキシトルエン、レゾルシン、サリチル酸、パラフィン、クレゾール、安息香酸、イソプロピルメチルフェノール、塩化ベンザルコニウム、フタル酸エステル、ベンジルアルコール、メチルクロロイソチアゾリオン、ノニル酸バニリルアミド、グアイアズレンスルホン酸ナトリウム、パラフェノールスルホン酸亜鉛、ハロカルバン、メチルイソチアゾリオン、トリクロカルバン、トリクロサン、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、酢酸トコフェロール、ラノリン、ヘキサクロロフェン、トラガント、トリイソプロパノールアミン、ブチルヒドロキシアニソール、イクタモール

 

 

無添加&ノンシリコーンの洗い流さないヘアトリートメント

>>リシリッチお試しキャンペーンはこちら<<

 

リシリッチの口コミまとめ

 

 

毛量が少なくトップがペタンとなってしまうのが悩みでしたが、ドライヤー前にリシリッチを使うとふんわりとボリューム感を出すことができます。指通りもなめらかでツヤツヤの髪になるのでとても気に入っています。


 

洗い流さなくてよいので楽だし、ほのかな柑橘系の香りも好きです。
使い心地はとても気に入っていますが正直コスパはあまり良くないと思います。


 

シリコンの取って付けたようなツルツル感が嫌で、ノンシリコンのアウトバストリートメントを探しているときにちょうどリシリッチを見つけました。
髪に付けた瞬間から内側にしっかりと浸透していく感じで、サラッとまとまりやすく扱いやすい髪になるのでおすすめです。


 

ノンシリコンで髪に優しい分、即効性はあまり無いように感じます。それにサラッとした仕上がりになるのでしっとりした感じが好きな私には少々物足りないかな。


 

前から気になっていたのでお試しサイズを購入してみました。朝と夜の1日2回使用していますが日を追うごとに髪にツヤが出てきたような気がします。使い続けることで髪質改善も期待できそうなのでリピートを検討中です。


ノンシリコン洗い流さないトリートメントの3つのタイプ

みなさんは髪のアフターケアとして洗い流さないタイプのトリートメントを使用していますか?
ほとんどの女性は使用していると思いますが何を重視して数あるトリートメントの中からお手持ちのものを選びましたか?
一番大切なのは、「自分の髪に合った種類を選ぶ」という事。
大きくわけると洗い流さないトリートメントは3種類。どれがあなの髪質に合っていますか?

 

ミストタイプ

−ミストなのであっさりつけたい方に適しています。つまり猫っ毛のような柔らかく細い毛の方におすすめで、
年齢と共にハリやコシがなくなってきたと悩むかたにも人気のタイプです。
仕上がりもベタつかないのでサラサラ。でも保湿という点では他の2つのタイプよりも下です。

 

オイルタイプ

−1番人気なのがこのタイプ。アルガンオイルやホホバオイルなど個々数年オイルブームですよね。
髪だけでなく全身オーガニックのオイルを使用することで乾燥などなどから守ってくれるというのも魅力。
ドラッグストアなどで多く見かけるのもオイルタイプ。特に傷んだ髪用には高保湿のもの。べたつくのが気になる方はサラッとするタイプのもの、と色々売られているのでオイルトリートメントを買う時は成分をチェックしてみてテスターでつけてみる事をおすすめします。

 

ミルクタイプ

−他の2つのタイプに比べ、一番しっとりした仕上がりになります。髪がすごく広がる方や剛毛タイプの方にオススメ。でも髪がべたついたり重くなったりして上手く仕上がらない事が多い。
これは自身の髪に対して油分やシリコンの量が合っていないから起こることなので見た目にも美しくないし髪にも良くないので使用を中止しましょう。