通常は、トリートメントはシャンプー後につけて洗い流しますよね?
でも現在売られている物の中には、洗い流さないタイプのトリートメントも出てきています。

 

洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントって違いはないんじゃ?と思っている人もいるでしょう。

 

美容をよく理解している人から、お話を伺うと「絶対に洗い流さないトリートメントの方が良い」と言います。
それはなぜなのか?

 

実は熱から髪の毛を守ってくれる役割があるのです。

 

髪の毛を乾かす時に、ドライヤーを使いますよね?
でもドライヤーを使うと髪の毛が傷んでしまう。
それは暖かい風を直接髪の毛に当てるからです。

 

でも痛まないために、ドライヤー前に洗い流さないトリートメントを使います。

 

商品を購入したら、「洗い流さないトリートメントはドライヤー前につけてください」と表記されているはずです。

 

だったら濡れたままで、乾かさなきゃいいじゃないか!と思っちゃいますよね。

 

しかし自然乾燥させる事はおすすめしません。
髪の毛が傷んでしまいますので。

 

洗い流さないトリートメントには、表面を守ってくれる役割があります。

 

なので、毛がごわごわする心配もないですし、まとまった髪の毛になりますよ。

 

しかもサラサラヘアにもなれちゃうんです。

 

シャンプーをして、ある程度タオルドライさせたら、放置するのはやめましょう!
タオルドライした後は、洗い流さないトリートメントをつけて、ドライヤーをする。

 

寝る前まで自然乾燥させておく事は絶対にしてはなりません。
余計傷んでしまいます。

 

タオルドライの時に、適当に行ってしまうと、きちんとドライさせる事ができていません!
そうするとびちょびちょ状態になってしまいますので、優しく2分ぐらい拭いてあげてください。

 

強めに擦り付けるのはしないようにしましょう!

 

髪の毛からぽたぽた水分が落ちなくなったら、洗い流さないトリートメントの出番です。

 

トリートメントの量は、購入した商品に記載されているように500円玉ぐらいの円を出します。

 

そして手の平になじませて、髪の毛全体につけていきます。

 

その後、ドライヤーを使いましょう!

 

ドライヤーで乾かす時の注意としては、根元から毛先に向かって行っていきましょう。

 

これで完成なのですが、最後に再度洗い流さないトリートメントをつけてもOKです。
こうする事でサラサラヘア・ツヤのある髪の毛になれますので、時間に余裕のある方はぜひやってみてくださいね。